貨物船座礁、コンテナ崩れ船体傾く 乗組員3人けが(2022年5月14日)

動画再生はコチラ

 千葉県の房総半島沖で貨物船が座礁しました。日本人乗組員5人が救助され、3人がけがをしているということです。

 14日午前3時半すぎ、房総半島の野島崎沖約13.5キロの海上で貨物船「めいせん2」の乗組員から「コンテナが荷崩れして船体が15度ほど傾いている」と118番通報がありました。

 横須賀海上保安部によりますと、貨物船には日本人の乗組員5人が乗っていて、船の救命いかだに避難していましたが、午前10時前に全員が救助されました。

 60代の男性と70代の男性2人がけがをしているということです。

 貨物船はその後、座礁しましたが、船体に目立った損傷はなく、油の流出は確認されていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。