千葉女児殺害事件 元保護者会長の無期懲役確定へ(2022年5月12日)

動画再生はコチラ

 千葉県松戸市に住むベトナム人の女の子を殺害した罪などに問われた保護者の元会長について、最高裁は被告側の上告を退ける決定をしました。無期懲役の判決が確定することになります。

 小学校の保護者会の元会長・渋谷恭正被告(51)は2017年、松戸市の小学3年生でベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(当時9)を連れ去り殺害したなどの罪で起訴されました。

 弁護側は無罪を主張し、検察側は死刑を求刑しましたが、一、二審は無期懲役の判決を言い渡し、被告側が上告していました。

 最高裁は今月11日付で上告を退ける決定をしました。渋谷被告の無期懲役が確定することになります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。