ANNnewsCH

【速報】「日本赤軍」重信房子・元最高幹部 刑期20年満期で出所(2022年5月28日)

動画再生はコチラ

 国際テロ組織「日本赤軍」の元最高幹部で、国際テロの「魔女」と呼ばれた重信房子さんが懲役20年の刑期を満了し、出所しました。

 重信房子さん(76)は、極左国際テロ組織「日本赤軍」の元最高幹部で、1974年にオランダ・ハーグのフランス大使館で大使ら11人を人質に取り、警察官に発砲して重傷を負わせた殺人未遂などの罪で懲役20年の判決を受け、服役していました。

 重信さんは刑期を満了し、28日朝、長女や集まった支援者たちに迎えられ、都内の医療刑務所から出所しました。

 重信さんは出所にあたり、「罪を償った以上、公安警察などに新しい生活を邪魔してほしくない」「日本赤軍の戦いの中で直接、関係のない方々に被害や迷惑を掛けたことを改めて謝罪する」などと報道陣にコメントを出しました。

 30日には、イスラエルのテルアビブ国際空港で日本人3人が自動小銃を乱射し、一般旅行客らおよそ100人が死傷したテロ事件から50年となる集会に出席するとみられます。

 重信さんは当時、中東を拠点に活動していて、ハーグ事件への関与で国際手配を受けていたところ、2000年に大阪市で潜伏しているところを逮捕されました。

 重信さんは、2001年に獄中から日本赤軍の解散を宣言する文書を公表しましたが、警視庁公安部関係者は「日本赤軍メンバーの思想を考えると“獄中”での解散宣言の効力には疑問が残る」などとして、重信さんの出所後の動向に注視しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

-ANNnewsCH
-, ,