【アフターエフェクト】自分が描いたイラストを動かす方法/中編。メイキング。基礎だけできればこれくらいは動かせる!

動画再生はコチラ☟




イラストを描く方なら
自分のイラストが動き出したら楽しいだろうな、と
思ったことがあるかもしれません。
僕も最近ワコムのペンタブレットを購入して
趣味でイラストを描いたりしてるので、
そう思うことがよくありまして。
今回は、そんな自分の願望?を満たすべく
大昔に色鉛筆で描いた虎のイラストレーション画像を使って、
その虎を動かして遊んでみた、
全3部のメイキング動画となっています。
実際にイラストを動かしてみた感想は
描かれた虎に命が宿ったかのような(大げさですね…)
結構良い感じに出来上がりました。しかもBGM付きです。

今回動画(中編)では、フォトショップを使って切り分けた
4つのパーツ(虎の頭、背中、水面に映るトラの頭、背景)を
アフターエフェクトを使って
虎のイラストに動きつけていく制作工程をご紹介。
実際に自分の描いたイラストが動き出すと感動です!

アフターエフェクトの操作は、簡単ではないかもしれないけど、
今回ご紹介するやり方・制作の流れ・操作方法だけ覚えてしまえば
その作成方法・操作の繰り返しで
他のいろいろなイラストにも応用が効くはずなので、
これからもアフターエフェクトでの
「動くイラスト」制作は、頑張って続けていきたいと思いました。
また新しく出来た「動くイラスト」は、
このチャンネルで公開していきますので、
良かったら観てください!

次回動画(後編)では、アフターエフェクトを使って
水面(背景)を動かしていきます。

アフターエフェクトに関しては、ほぼ初心者なので
自分が今回勉強して学んだことだけを解説していきますので
もっとこうしたほうが楽にできるよ、とか
他に参考になることなどあれば
コメント欄に書いて教えていただけると嬉しいです。

なるべく簡単に、できればお金もかけず(手間は少々)、
クリエイティブライフを楽しみましょう。

今後もグラフィックデザインの制作過程や考え方、
イラストの制作風景などなど
クリエイティブ全般に関する動画をアップしていきます。
チャンネル登録よろしくお願いします!
https://www.youtube.com/channel/UC_VlH8m7sn5-GSr1KvjGijw?sub_confirmation=1

-----------------

作業環境と使用ソフト
・iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)
・Adobe Illustrator 2019
・Adobe Photoshop 2019
動画編集
・Adobe Premiere Pro CC 2019
・Adobe After Effects CC 2019

おすすめの記事